海外文学読書録

書評と感想

鈴木清順『殺しの烙印』(1967/日)

★★★

ナンバー3の殺し屋・花田五郎(宍戸錠)が、ある人物(南原宏治)の護送をする。そのついでにライバルの殺し屋たちを始末してナンバー2になるのだった。そんな彼の前に謎の女・美沙子(真理アンヌ)が現れる。花田は美沙子から殺しの依頼をされるが……。

予想以上にシュールな映画だった。これをプログラムピクチャーの枠内でやっているのがすごい。娯楽映画としてはあまりに奇妙で観る人を選びそう。序盤はわりと普通のハードボイルドだったのに、中盤から一気に風向きが変わり、終盤に至ってはほとんど不条理ものの領域に入っている。監督の鈴木清順は本作が原因で日活を解雇されたそうで、そりゃ確かにそうなるだろうと納得した。

花田の人物設定が微妙にズレていて、普段はクールな殺し屋なのに、なぜか飯の炊ける匂いに目がない。自宅に置いてあるパロマのガス炊飯器にかじりついている。その様子は猫にマタタビといった風情だ。イケオジがやるにはあまりに素っ頓狂な絵面で、どうやってこんな設定を思いついたのか理解できない。一方で彼は男の理想像を背負っていて、妻(!)とセックスする際は「ケダモノ! ケダモノ!」と喘がせている。このギャップは何なのだろう……。しかし、ここまではまだまともなほうだ。中盤以降は美沙子やナンバー1から追い詰められ、露骨に取り乱していく。そこにはもうクールな殺し屋の面影はなかった。宍戸錠ってあまり演技の幅がないような印象だったけれど、本作では色々と突拍子もないことをやらされていて、まさに体当たりの演技だった。

終盤ではナンバー1の殺し屋が花田を殺しに来るのだけど、そのやり口が意味不明で困惑した。というのも、2人は奇妙な同居生活を始めるのである。敵を焦らして疲れさせるのがナンバー1の流儀らしい。しかし、それにしたってターゲットと同居することはないだろう。ナンバー1は目を開けたまま寝てるし、小便はその場で垂れ流してるし。さらに、紳士協定と称して花田と腕を組んで行動しているのが最高に謎だった。2人はその態勢のまま宅配便に応対しているのだからシュールすぎる。ここまで来るとハードボイルドなんてクソ喰らえという感じだ。

花田がリングの上で「ナンバー1は俺だ!」と勝どきを上げているシーンがハイライトだろう。ここは『あしたのジョー』【Amazon】を彷彿とさせるものがあった。暗闇の中、リングだけが白く浮き上がっている。『キン肉マン』【Amazon】に「言葉の意味は分からんが、とにかくすごい自信だ!」というセリフがあるけれど、本作はそれがしっくりくる映画だった。何もかもがぶっ飛んでいる。

美沙子を演じる真理アンヌが人形みたいで、その佇まいはどこかエキゾチックである。彼女はインド人と日本人のハーフらしい。芸術品のような裸体をしていた。