海外文学読書録

書評と感想

エミール・ゾラ

エミール・ゾラ『ナナ』(1880)

ナナ (新潮文庫) 作者:ゾラ 発売日: 2006/12/20 メディア: 文庫 ナナ (ルーゴン=マッカール叢書) 作者:エミール ゾラ メディア: 単行本 ★★★★ 第二帝政期のパリ。猥褻な格好で舞台に上がった新人女優のナナが、観客から拍手喝采を浴びて評判になる。ナナは高…

エミール・ゾラ『獲物の分け前』(1871)

獲物の分け前 (ちくま文庫) 作者:エミール ゾラ メディア: 文庫 ★★★ 南仏から仕事を求めてパリにやってきたアリスティッド・サカールが、兄の紹介で道路管理官の仕事に就く。折しもパリではオスマン計画という都市改造計画が持ち上がっていた。妻と死別した…

エミール・ゾラ『居酒屋』(1877)

居酒屋 (新潮文庫) 作者:ゾラ 発売日: 1971/01/01 メディア: 文庫 ★★★ 跛の洗濯女ジェルヴェーズは、情夫である帽子屋ランチエとの間に2人の子供をもうけていた。ところが、彼女はランチエに捨てられてしまう。その後、ブリキ職人のクーポ-に口説かれて2人…