海外文学読書録

書評と感想

アントワーヌ・ローラン

アントワーヌ・ローラン『赤いモレスキンの女』(2014)

赤いモレスキンの女 (新潮クレスト・ブックス) 作者:アントワーヌ・ローラン 新潮社 Amazon ★★★ パリ。書店主のローランが道端で女もののハンドバッグを拾う。中にはパトリック・モディアノのサイン本や赤いモレスキンの手帳などが入っていた。手帳には好き…

アントワーヌ・ローラン『ミッテランの帽子』(2012)

ミッテランの帽子 (新潮クレスト・ブックス) 作者:アントワーヌ・ローラン 新潮社 Amazon ★★★ 80年代のパリ。会計士のダニエルがブラッスリーで食事をしていると、隣のテーブルにミッテラン大統領の一行が座った。ミッテランは帰る際、店に帽子を忘れる。ダ…