海外文学読書録

書評と感想

ハビエル・マリアス

ハビエル・マリアス『白い心臓』(1998)

白い心臓 作者:ハビエル マリアス メディア: 単行本 ★★★ 通訳官の「私」は、産まれる前に伯母のテレサを拳銃自殺で亡くしていた。テレサは当時「私」の父ランスと結婚しており、ランスは妻の死後、今度は彼女の妹ファナと結婚している。「私」はランスとファ…