海外文学読書録

書評と感想

ニコス・カザンザキス

ニコス・カザンザキス『キリストはふたたび十字架に』(1948)

キリストはふたたび十字架に〈上〉 作者:ニコス カザンザキス メディア: 単行本 ふたたび十字架につけられるキリスト―ギリシャ・キリスト受難劇 作者:ニコス・カザンザキス メディア: 単行本 キリストは再び十字架にかけられる 作者:カザンザキス,ニコス 発…

ニコス・カザンザキス『キリスト最後のこころみ』(1951)

キリスト最後のこころみ 作者:ニコス・カザンザキス メディア: 単行本 ★★★★ ナザレで大工をしているイエスは、ローマ人のために処刑用の十字架を作っていた。そのことで周囲の人々からは軽蔑されるも、彼にとってその行為は自分をメシヤに選んだ神に対する抵…

ニコス・カザンザキス『その男ゾルバ』(1943)

その男ゾルバ (東欧の文学) 作者:ニコス・カザンザキス メディア: 単行本 ★★★ 作家の「私」はクレタ島へ向かう船内で、ゾルバという労働者風の男と出会う。ゾルバに島へ一緒に連れていってくれるよう頼まれた「私」は、彼を自分が所有する炭鉱の現場監督に任…