海外文学読書録

書評と感想

ジョナサン・サフラン・フォア

ジョナサン・サフラン・フォア『エブリシング・イズ・イルミネイテッド』(2002)

エブリシング・イズ・イルミネイテッド 作者:ジョナサン・サフラン・ フォア 発売日: 2012/07/31 メディア: Kindle版 ★★★★ ウクライナ。大学生のアレックスが、アメリカからやってきた作家の卵ジョナサン・サフラン・フォアの通訳をすることになる。ユダヤ人…

ジョナサン・サフラン・フォア『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』(2005)

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い 作者:ジョナサン・サフラン・フォア 発売日: 2011/07/26 メディア: ハードカバー ★★★ ニューヨーク。アメリカ同時多発テロ事件で宝石商の父を亡くした「ぼく」が、遺品から鍵を見つける。その鍵は何に使うのか不明…