海外文学読書録

書評と感想

フランシス・フォード・コッポラ『ゴッドファーザー PART II』(1974/米)

★★★★★

(1) 父ヴィトーの跡を継いだマイケル・コルレオーネ(アル・パチーノ)は、ネバダ州に拠点を移してカジノ利権で稼いでいた。ところが、彼はニューヨークの縄張り争いに巻き込まれ、何者かの襲撃を受ける。(2) シチリア島でマフィアに家族を殺されたヴィトー(ロバート・デ・ニーロ)はアメリカに移民し、仲間たちとカタギの生活を送っていた。ところが、地元のギャングを殺したことで人生が一変する。

『ゴッドファーザー』の続編。

前作も傑作だったけれど、続編の本作はそれ以上の出来だった。正直、若い頃に観たときはここまでいいとは思わなかったので、たくさんの芸術作品に触れて鑑賞能力を鍛えるのは重要だと実感した。

何と言っても、マイケルとヴィトーを対比した構成が素晴らしい。2代目のマイケルは父の遺産をどのように保守し、また拡張していくかというのが課題だけど、公私ともに複雑な状況下に置かれて思い通りにいかない。仕事では相変わらず命を狙われるし、プライベートでは信頼していた家族の離反が待っている。先代が築き上げたファミリーに崩壊の兆しが見えていた。一方、若き日のヴィトーは上り調子で、順調に家族と仲間を増やし、新しい事業も興している。彼には明るい未来が待っていた。創業者は失うものが何もないから勢いがあるけれど、2代目には守るべきものがあるからどうしても停滞してしまう。おそらくマイケルとヴィトーでは能力そのものに差はないのだろう。となると、2人の大きな違いは環境ではなかろうか。王座を手に入れる側と守る側の違い。そう考えるとヴィトーはつくづく幸運だったし、マイケルは不運で難しい舵取りを強いられている。

本作の主題はマイケルの孤独で、ヴィトーと対比させたのもそれを浮き彫りにするためだ。ヴィトーによって作られた家族が、マイケルの代になって失われていく。ここで考えてしまうのは、もしヴィトーがマイケルの立場だったらどうなっていたかということだ。ヴィトーだったら身内を粛清しただろうか? 裏切り者を始末するのはマフィアの掟だから、マイケルのやったことは別に間違っていない。とはいえ、前作で地域共同体の長みたいな顔を見せていたヴィトーだったら、例外的に温情を示した可能性もある。そこは何とも言えない。いずれにせよ、マイケルは王であるがゆえの孤独を背負っている。

終盤に回想として兄弟の団欒を配置したところが良かった。ここではソニージェームズ・カーン)もフレド(ジョン・カザール)も生き生きとしており、マイケルは慎ましい三男坊として自身の出征を告げている。ところが、いつしか兄弟たちは食卓を離れ、マイケルだけが取り残されるのだった。この短い回想によって、マイケルの孤独が強烈に印象づけられている。本作における最高のハイライトだった。