海外文学読書録

書評と感想

石井輝男『網走番外地』(1965/日)

★★★

橘真一(高倉健)ら受刑者が冬の網走刑務所に収監される。雑居房では依田(安部徹)という牢名主が幅を利かせていた。強盗強姦殺人未遂の権田(南原宏治)、強姦の夏目(待田京介)、老人の安久田(嵐寛寿郎)、前科十三犯の大槻(田中邦衛)など、新入りたちはそれぞれ自己紹介する。やがて房内で脱獄計画が起こり……。

高倉健というと、寡黙で不器用な渡世人みたいなイメージだったけれど、本作ではそこらによくいるイキった若者を演じていて驚いた。といっても、今風の反社ではなく、母親思いで、かつ筋を通すやくざものなので、現在のイメージに繋がるところはある。しかし、ここまで威勢のいい若者を演じていたとは意外だった。

冬の網走は一面が雪景色で、これは荒野を舞台にした西部劇を連想させる。囚人たちの関係は典型的なホモソーシャルであり、女人の入る余地のない極めて男臭い映画だ。終盤では橘と権田が手錠で繋がれたまま脱獄するのだけど、この凸凹コンビが実に西部劇っぽく、その険峻な大自然と相俟って、北海道が試される大地であることを思い出させる。凍死の危機、餓死の危機、そしてトロッコでの追跡劇。この真っ白な空間は冒険に満ち満ちている。戦後の網走は、『ゴールデンカムイ』【Amazon】の明治時代からほとんど変わってないのではと思った。

劇中では橘の少年時代が挿入されるのだけど、これがまたいかにも昭和的な機能不全家庭で、ある種のノスタルジーを感じるほどだった。未亡人になった母親の再婚相手、これがとんでもないクズ男で、妻子に対して独裁権力を振るっている。男の稼ぎは少ないらしく、家庭は貧乏だ。飯を食うにも困っているほどである。そんな半端者が妻子に対して威張り散らしているのだから、家父長制とはつくづく罪深い。思うに、昭和的な家父長制だと、父親次第で家庭が簡単に崩壊してしまう。家庭にとって最良のシステムとは何なのかを考えさせられた。

囚人では「八人殺しの鬼寅」が異彩を放っていて、一人で多数の囚人を制圧するところは迫力があった。刑務所においては、犯した罪の大きさがそのままパワーに変換される。八人も人を殺して死刑にならないのは不思議だけど、任侠映画にそういうツッコミは野暮だろう。ともあれ、刑務所においては大量殺人が最上の「格」であることには間違いない。所属する場所によって不名誉が名誉になる。この社会のあり方が興味深かった。

それにしても、いい歳こいた橘が、母親を慕って「おっかさん、おっかさん」言ってるのは違和感があった。こういうのって昔は美談だったのだろうけど、今だとマザコンみたいで引いてしまう。ここ半世紀で日本人の価値観がだいぶ変わったことが分かった。