海外文学読書録

書評と感想

閻連科『年月日』(1997)

年月日

年月日

 

★★★★

日照り続きの農村。村人たちがこぞって村を離れるなか、72歳の先じいだけが盲犬と共に村に残った。理由は、畑にトウモロコシが一本顔を出していたから。食糧も水も乏しいなか、先じいはトウモロコシを育てるサバイバル生活を営む。

先じいはうっすらと赤みがかったトウモロコシの頭を見やり、あと何日で穂を出したあと何日で実がつくか数えてみようとした。すると突然、もう何日も今日がいつかなどと考えていなかったことに気がついた。今が何月何日かも覚えていなかった。先じいは、昼、夜、朝、黄昏、月の入り、日の出の時間以外、日付などはすべて失っていたのだ。(57)

読み始めはこのシチュエーションで面白くなるか疑問に思っていたけど、読んでいくと先じいのたくましさや、トウモロコシのために体を張る様子などが光っていてなかなか面白かった。生きるか死ぬかの極限状態に置かれているのに、あまりじめじめしていないところが良い。ネズミとの格闘があったり、オオカミとの対峙があったり、さらには種(食べ物にする)を見つけるべく畑を掘り返したり、盲犬と友情を育んだり……。『ロビンソン・クルーソー』【Amazon】とはまったく別次元の乾いた生活には、どこか神話じみたところがあって、サバイバルに全力を尽くす先じいの生き様は、神話時代の英雄を想起させる。

オオカミと遭遇したときに天秤棒を構えて一歩も引かなかったところが格好いい。あと、ネズミの群れとか、オオカミの群れとか、動物が徒党をなす部分に言い知れぬ魅力を感じる。日本に住んでいるとネズミはなかなか見る機会がないので(オオカミもだけど)、その生態を描写しているところが興味深かった。