海外文学読書録

書評と感想

ジョージ・ミラー『マッドマックス2』(1981/豪)

★★★

世界大戦によって文明が崩壊した。荒野では石油が枯渇しており、暴走族が走り回って石油を略奪している。孤高のマックス(メル・ギブソン)は犬を連れ、愛車インターセプターに乗ってそこらを徘徊していた。あるとき、マックスはジャイロ・キャプテン(ブルース・スペンス)と知り合い、彼から石油精製所の存在を聞かされる。2人で現地に向かうと、石油精製所を占拠する勢力と暴走族が対立していた。

『マッドマックス』の続編。

前作とは打って変わって、荒廃した近未来を舞台にした西部劇になっている。予算があるとこういう映画になるのか、という驚きがあった。例によってカーチェイスは迫力があるし、石油精製所の爆発シーンも大掛かりである。タンクローリーが横転したシーンも見応えがあった。やはりCGで誤魔化せないという事実は大きい。こういう映画を見るると、現代のアクション映画は嘘っぽくて見れたものじゃないと思う。

本作は20世紀の寓話なのだろう。石油を制するものが世界を制する、という価値観の集大成みたいな物語になっている。思えば、20世紀は石油を巡って争いを繰り広げた時代だった。中東では欧米列強が積極的に武力介入したし、日本も太平洋戦争のとき、石油を欲して南方諸島に進出している。その後も中東で何かある度にオイルショックを招き、世界経済を混乱させていたのだった。石油こそパワーの時代。それは21世紀の現代まで変わらず続いている。しかし、石油を含めた化石燃料はいずれ枯渇する。だからこそ現代の国家・企業はSDGsに邁進しているのだ。そして、石油の枯渇状況を描いたのが本作であり、石油精製所を巡る抗争は極めてモダンな状況設定である。

二つの勢力が対立するなか、放浪者が介入して事態を終息させる。これは西部劇のプロットだ。そして、この放浪者は同時に英雄でもある。マックスのような孤高の英雄は、その性格上ひとつの場所には留まれない。問題を解決したら華麗に去っていく。これこそが個人主義の英雄なのだ。英雄は英雄であるがために庶民と馴染まない。自給自足を基盤とした隠者のような生活を望む。振り返ってみれば、ハリウッドで量産された西部劇の主人公も、個人主義の英雄として造形されていた。個人主義。それは西洋社会がもっとも重んじる価値観。本作には西洋の何たるかが詰まっている。

後世に影響を与えたという暴走族のコスチュームが良かった。モヒカンだったり仮面だったり、まるで呪術が跋扈していた時代に回帰したような格好をしている。これが文明の後退をひと目で分からせていて面白い。彼らはプロレスで言うところのヒールであり、何もしなくてもそのオーラが漂っているところは特筆すべきだろう。人間は見た目が大事なのである。

石油精製所を占拠していた勢力は、最終的には3200km離れた約束の地を目指す。彼らはユダヤ人がモデルなのだろうか? そう考えると、本作は中東を巡る寓話と解釈せざるを得ない。