海外文学読書録

書評と感想

及川啓『ウマ娘 プリティーダービー Season 2』(2021)

★★★★

シンボリルドルフ田所あずさ)に憧れてトレセン学園に入学したトウカイテイオーMachico)は、チームスピカに所属することになった。チームメイトにはメジロマックイーン大西沙織)がいる。テイオーは無敗の3冠ウマ娘を目指し、マックイーンは天皇賞の連覇を目指すが……。

ウマ娘 プリティーダービー』【Amazon】の続編。前作ではスペシャルウィーク和氣あず未)とサイレンススズカ高野麻里佳)に焦点を当てていた。

このシリーズは競走馬を女体化したスポ根アニメで、レースの結果や怪我のタイミングなど実話に沿っている。シリーズにおける最大の発明は、複数のウマ娘に関係性を持たせたところだろう。競走馬は動物なので、そのままだと馬同士で何か関係を結ぶということはない。しかし、人間化することで友情関係やライバル関係といった繋がりを強調することができる。元々スポーツとは筋書きのないドラマで、ご多分に漏れず競馬にもそれはあった。このシリーズではそこにアングルを持ち込むことで、よりドラマを膨らませ、感動を大きくしている。

シーズン2はトウカイテイオーメジロマックイーンを主人公にしている。テイオーは無敗の3冠ウマ娘を目指し、マックイーンは天皇賞の連覇を目指していた。本作のいいところは、2人の目標があっけなく潰えてしまうところだろう。安易なサクセスストーリーを回避し、挫折をいかにして乗り越えるかに焦点を当てている。もちろん、これは史実を踏まえたストーリーだ。そして前述の通り、ウマ娘たちには関係性がある。テイオーとマックイーンはチームメイトであると同時にライバルであり、お互いを目標として切磋琢磨するのだった。テイオーが怪我で苦しんでいるときは、マックイーンが背中を見せて奮起させる。逆にマックイーンが怪我で苦しんでいるときは、テイオーが背中を見せて奮起させる。やっていることはスポ根ドラマであり、史実にこうした関係性を持ち込んだところが本作の長所になっている。

チームをまとめるのがトレーナー(沖野晃司)だ。これがアイドルアニメにおけるプロデューサーのポジションになっていて面白い。このシリーズはアイドルアニメを範にしたところがあって、たとえば、レース終了後には勝者によるウイニングライブが行われている。キャラソンもアイドルアニメ並に多い(そもそもキャラが多い)。このシリーズはキャラクター消費を意識した作りになっているので、競馬に詳しくなくても面白く観ることができる。