海外文学読書録

書評と感想

2020年に読んだ311冊から星5の9冊を紹介

このブログでは原則的に海外文学しか扱ってないが、実は日本文学やノンフィクションも陰でそこそこ読んでおり、それらを読書メーターに登録している。 今回、2020年に読んだすべての本から、最高点(星5)を付けた本をピックアップすることにした。読書の参考にしてもらえれば幸いである。

評価の目安は以下の通り。

  • ★★★★★---超面白い
  • ★★★★---面白い
  • ★★★---普通
  • ★★---厳しい
  • ★---超厳しい

 

日中関係史 1500年の交流から読むアジアの未来

日中関係史 1500年の交流から読むアジアの未来

 

著者は日本と中国に造形が深いようで、日本では『ジャパン・アズ・ナンバーワン』【Amazon】が、中国では『現代中国の父 鄧小平』【Amazon】がベストセラーになっている。

本書については、著者が次のように書いている。

本書は時系列に沿って、文字記録に残る一五〇〇年間の日中関係史を紹介している。この中で私は、重要な歴史事象を説明するだけではなく、両国それぞれのより大きな社会構造と、両国間の関係構造についても考察するように心がけた。(p.6)

紙幅の大半は近現代史に割かれているが、それでも古代から現代までほぼ違和感なく読めるのはすごいことだ。思想的にも偏りがないので、日本史・世界史の復習にちょうどいい。日本では近現代史を学校で勉強する機会が少ないため、本を買うなり借りるなりして自習しなければならない。本書はその一助になるだろう。

一読して痛感したのは、外国に学ぶことの重要性だ。日本人は古代国家を形成するにあたっては中国から、近代国家を形成するにあたっては西洋から学んだ。一方、中国人も長らく中華思想に胡座をかいていたものの、近代化を実現するにあたっては日本と西洋から学んでいる。日本の歴史教科書には近現代史の頁が少ないが、これは外国から学ぶ姿勢を阻害しているのではないか。グローバル社会で生きるには、歴史の勉強が不可欠だと言える。

本書はわりとニュートラルな立ち位置だが、所々に著者なりの分析があって参考になる。

たとえば、以下は日中戦争について。

日本人は中国人が、外来の敵の侵略に対してどれだけ粘り強くナショナリズムを発揮できるかを見くびっていた。そして自国で高まりつづけるナショナリズムが、将来どれだけ自分にとって重たい足枷になるかについても、まったく正確に予測できていなかった。日本の悲劇は、明確な戦略や使命がなくても、そして戦略を策定して実行に移す権力の中枢が欠けていても、軍事力を行使できる能力があったことだ。中国の悲劇は、戦略の全体像に関して優れた分析ができていながら、統一された政府、産業基地、武器を持たず、日本軍の前進を食い止められる規律正しい軍人たちがいなかったことだ。その結果として起きた戦争は、中国と日本の両方を荒廃させただけでなく、平和な未来を築きたいと願うのちの世代にも数々の困難を残した。(pp.328-329)

日本と中国の問題点を鋭く指摘していると思う。

 

文庫本で全4巻ある。

現代日本大日本帝国の死の上に築かれた国家であり、両者の間はとっくの昔に切れてるようで、実はまだ無数の糸で繋がっている。本書はそういった問題意識のもと、日本の近代史を「天皇と東大」という覗き窓から論じている。これがなかなかユニークで面白かった。日本史において古代は天皇家に関する記述が中心だったが、近代も同じような切り取り方ができるのである。しかも、東大というおまけ付きで。

テーマの性質上、東大人物伝的な面が強くて退屈だが、蓑田胸喜平泉澄といった問題人物を知ることができたのは収穫だった。どちらもWikipediaではそっけない記述なので、詳しく知りたい人は本書を読むことを推奨する。人物評価については、著者のスタンスが明快なところがいい。

本書でもっとも印象に残っているのが、戦争に向かっていく時代の日本人についての記述(引用は単行本から)。

あの時代の資料を読みなれるにつれて、私にだんだんわかってきたことは、あの時代は、後世の我々が考えている以上に右翼的、国粋主義的であったということである。少数の右翼国粋主義者がそうだったというのではない。世の中一般の人々のものの考え方、感じ方が、今の我々には想像を絶するほど、右翼的であったということだ。天皇崇拝者だったということだ。あの時代の一般国民はみな欺されており、心にもないことをいわされていたのだという説が戦後広く流布され、それが標準的な歴史の見方とされていた時代もあったが、どうもそうではなくて、あの時代、一般国民のほとんどが、いまでは極端な右翼的見解としか思えないことを、みんな本当に信じきっていたらしいのである。そういうことがわかってきたとき、私はあの戦争がなぜ起きたのかが実感的に本当にわかったと思った。(下p.638)

この指摘は新鮮だった。我々は同じ過ちを繰り返してはならないと思う。

 

若い読者のための短編小説案内 (文春文庫)

若い読者のための短編小説案内 (文春文庫)

 

第三の新人」の短編小説を読解している。

取り上げているのは以下の6編。

作品ごとに自我(エゴ)と自己(セルフ)の関係を図解しているが、これが有効に機能しているかどうかは分からない。ただ、個々の読解はエッジが効いていて読み応えがあった。

小説を読み、それについて何らかの知見を述べることは、新たな創作と言えるのではないか。作家の数だけ作品があるように、読者の数だけ再創造された作品がある。本書で村上がやっていることもその再創造と言えよう。個人的には、短編小説を読むとき作品の諸要素を図式化して分析するようなことはしないので、本書の読解はとても参考になった。

吉行淳之介「水の畔り」について、小説世界を「技巧性の世界」と「非技巧性の世界」に分けて解読しているところが本格的だった。また、小島信夫「馬」について、基本的に訳のわからない変な話としながらも、それをコミットメントとデタッチメントの観点から捉え直し、「癒しと赦しの物語」と結論づけているのはスリリングだった。

安岡章太郎「ガラスの靴」の章から二箇所引用しておこう(引用は単行本から)。

まずはこちら。

安岡章太郎の主人公たちは多くの場合、自分からは進んでどこにも行けないまま、徐々に迫り来る時間切れを待っています。それはよその世界からひとつの強制としてやってくる制度に過ぎないし、主人公たちはその制度を忌み嫌っています。しかしそうはいうものの心の底で彼らは、そのタイムアップの到来を密かに求めているようです。そうなれば、結果の好き嫌いはともあれ、もう何も考えなくていいからです。何も判断しないでいいからです。(pp.107-108)

そして、もうひとつ。

あと安岡章太郎の小説でしばしば指摘されるのは、「太った女と、痩せた女」の問題です。彼の小説にしばしば太った女と痩せた女というパターンが登場します。多くの場合、主人公は痩せた女を追いかけ、痩せた女は逃げます。一方太った女は主人公のあとを追いかけ、主人公は逃げます。この二つのタイプの女性たちは、物語の中で見事な対照を描き出しています。太った女は肉体を持った(あるいは過度に持ちすぎた)現実であり、痩せた女は肉体を欠いた非現実の象徴と言ってもいいでしょう。彼はいつも痩せた女という形をとった非現実を追い求めるのですが、最後には太った女という現実にぬるぬるとからめ取られてしまいます。太った女は多くの場合、母親の像に帰結します。(p.109)

村上はこのようにちゃんと分析しながら読んでいる。文学に対して誠実な読者だと言えよう。

 

学習まんが少年少女 日本の歴史 最新24巻セット

学習まんが少年少女 日本の歴史 最新24巻セット

  • 作者:小学館
  • 発売日: 2018/10/26
  • メディア: 大型本
 

子供向けの漫画ではあるが、先史時代から現代まで満遍なく扱っているため、高校時代に日本史を選択しなかった大人が読んでも参考になる。こういう通史は、歴史の大まかな流れを知ることができるからありがたい。また、本来の読者層である少年少女にとっても理解しやすいだろう。子供のいる家庭は一家に一セット置いておきたいところだ。

個人的には、南北朝時代応仁の乱といった複雑怪奇な事象を漫画で解きほぐしていたのが良かった。さらに、学校の授業では流されがちな近代史に頁を割いているところも素晴らしい。忘れた頃にまた読み返したいと思う。

 

タイトル通り、紙の歴史を辿った本。アジアからヨーロッパ、アメリカなど、紙の歴史は世界を股にかけた歴史であり、地域によってその浸透の仕方が違うことが分かる。古代ギリシャの読み書きを巡る逸話から、電子化時代の紙の存在意義まで、たくさんの雑学が詰め込まれていて満足度が高かった。

以下、面白かった部分を二箇所引用しておこう。

まずは印刷について。

印刷は仏教の需要に応じて生まれた技術である。ユダヤ教の敬虔な信者は聖典を繰り返し読むので、年代物の聖典が発見されるとたいてい擦りきれてぼろぼろになっている。キリスト教聖典の保存状態が抜群にいいのは読む人が少ないからだ。敬虔なイスラム教徒は『コーラン』をまるごと暗記しているが、敬虔な仏教徒は祝福を授かるために経文を書き写す。経典一冊を全部写すことさえある。仏教においては経典の内容を再生することが重要な行為であり、そうした宗教的性格が紙の誕生をうながした。そして、紙以外の書写素材――羊皮紙、パピルス、タパ――はいずれも印刷には向かなかった。(p.146)

短い文章ながらも、ユダヤ教キリスト教イスラム教・仏教の違いを浮き彫りにしていて面白い。

続いては印刷機宗教改革について。

印刷機宗教改革の申し子だといったほうがよほど真実に近いだろう。宗教改革は宣伝戦略として印刷を利用したはじめての運動だった。宗教改革があったからこそ、印刷はあの時代に、あの場所で発明されたのだ。つまるところ、ヨーロッパ人は印刷機の製造法も、金属の彫り方も、鉛の鋳造も、彫られた像にインクをつけて刷る方法も、ずいぶんまえから知っていて、その気になれば、いつでも可動活字で印刷を始められた。(p.230)

印刷機があったから宗教改革が起きたのではなく、宗教改革のおかげで印刷機の需要が高まった、という視点が面白い。

その他、和紙の評価がやたらと高いところが興味深かった。

 

初期の王国の君主は、臣民のためだけの存在である。王の命が価値あるものであるのは、王がもっぱら人々のために、自然の移り行きに秩序を与えることによって、自らの地位に与えられた義務を果たす限りにおいてである。したがって、王がその義務を果たせなくなるや否や、人々がそれまで彼に惜しみなく与えてきた保護や献身や宗教的敬意は、たちまちにして止み、憎しみと軽蔑に変わる。屈辱的な廃位を被り、殺されずに逃亡できればありがたいほどである。人々によって神と崇められていた男が、翌日には罪人として殺される。

民俗学の本。初版は1890年に出版され、その後増補が繰り返されて分量が増えている。岩波文庫Amazon】だと全5巻、国書刊行会Amazon】だと全10巻(予定)に及ぶ。

日本も含めた世界各地の風習やタブーを収集している。本書は何と言っても構成が素晴らしい。最初にイタリアの民話を提示し、なぜ「森の王」を殺すのか、その際なぜ金枝を折るのか、この2つの謎を解き明かしていく。地道にエビデンスとロジックを積み上げていく作業は、よく出来たミステリ小説のようだった。

本書の軸となっているのが、「王殺し」と「樹木崇拝」だ。これらに関する事例を世界中から集めてくるのは、いかにもグローバリズムの産物という気がする。ヨーロッパ、アジア、アフリカ、アメリカ。19世紀にはもう世界は繋がっていたのだ。世界各地のエピソードが、最初の問いに収斂していく様子は感動的である。

というわけで、本書はミステリ小説好きにお勧め。構成の美を堪能できる。

 

ツイフェミとアンチフェミについて詳細に分析した本。この記事を読んでいるような人には説明不要だろうが、Twitter上では「ツイフェミ」と呼ばれるミサンドリストと「アンチフェミ」と呼ばれるインセルが、毎日のように非生産的な小競り合いをしている。最近では「宇崎ちゃん騒動」が有名だろう。本書では社会学的な見地から、彼らの理路や病理を解き明かしている。

読んでいて面白かったのは、彼らのモチベーションが「怒りの万引き」にあると喝破しているところだった。「怒りの万引き」については、次のように定義されている。

(……)自分の怒りだけでは飽き足らなくなった人たちは、当事者であることを主張し、被害者であることを装い、マイノリティを代弁して、他人の怒りを盗むことに夢中になる。(p.8)

ツイフェミもアンチフェミも、弱者ポジションを取ることによって相手より優位に立とうとしており、そのために当事者や被害者を名乗ることが多いようだ。ツイフェミが「ガラスの天井」を持ち出したかと思えば、アンチフェミは「ガラスの地下室」を持ち出す。つまり、どちらも自分たちは被害者だと大声で主張している。弱者ポジションに立てば、「政治的な正しさ」を手に入れることができる。「政治的な正しさ」が手に入れば、相手を論難しやすくなる。このようにTwitter上でのジェンダー議論は、男と女、どちらがより可哀想なのかを競うマウンティング合戦になっている。これは不毛と言わざるを得ない。

本書はツイフェミとアンチフェミによる個別具体的な争点について詳しく触れているので、昨今の草の根ジェンダーの世界を知るにはうってつけだろう。個人的には、表現規制の問題が興味深かった。

なお、ネトウヨ界隈に興味がある人は伊藤昌亮『ネット右派の歴史社会学』【Amazon】もお勧めだ。こちらは1990年代から2010年前後までのネット右派について分類・分析している。インターネット老人にとっては懐かしいトピックだった。

 

アウグストゥス

アウグストゥス

 

古代ローマを題材にした書簡体小説。全編が手紙や手記で構成されている。書簡とは究極の「信頼できない語り手」であり、それらが複数集まることで「真実」らしき合意が浮かび上がっている。人によって見えている景色が違う。認識している世界像も違う。終盤ではそういった錯誤を利用したトリックが仕込まれていて、一級の文芸作品だと感心した。

詳細な感想は以下を参照のこと。

pulp-literature.hatenablog.com

 

世界を変えた優秀なスパイはほんの一握りしかおらず、オレーク・ゴルジエフスキーはそのひとりだった。彼は歴史の決定的な分岐点でKGBの内部機構を暴露して、ソ連の情報部が何をしているのか(および、何をしていないのか)だけでなく、ソ連政府が何を考え何を計画しているのかも明らかにし、そうすることでソヴィエト連邦に対する西側の考え方を変えた。彼は命を賭して国を裏切り、世界を少しだけ安全にした。(p.262)

KGBに所属しながらMI6のために働いた二重スパイ、オレーク・ゴルジエフスキーの伝記である。立場的には有名なキム・フィルビーのソ連版で、職位としてはロンドン駐在の高官にまで上り詰めている。ところが、キャリアの絶頂でKGBの疑惑を買ってモスクワに召喚されてしまうのだった。そして、最終的にはMI6の手引でモスクワを脱出し、イギリスに亡命している。

ゴルジエフスキー最大の功績は、80年代に入ってソヴィエト政府が被害妄想に囚われたことをイギリスに伝えたことだろう。

二〇年以上にわたって東西間の核戦争は、相互確証破壊――核戦争はどちらかが始めるかに関係なく、ひとたび起これば両陣営とも確実に絶滅するという考え――に対する懸念から、長らく食い止められてきた。しかし一九七〇年代末に西側が核軍拡競争でリードし始めると、緊張緩和に代わって、それまでとは異なる心理的対立が生じ、そうした中でソヴィエト政府は、核兵器による先制攻撃で国が破壊されて敗北するのではないかと恐怖するようになった。(p.204)

そして、KBGは核兵器で先制攻撃されないよう「RYAN作戦」という諜報作戦に着手する。

当初MI6はRYAN作戦を、改めてKGBの無能を示す愉快な証拠と解釈していた。ありもしない計画の調査に全力を注いでいる組織に、もっと効率的な諜報活動を行う時間など、ほとんどないはずだと考えたからだ。しかし時がたち、両陣営で怒りに満ちた発言がエスカレートするにつれ、ソ連政府の恐怖を単に時間を浪費するだけの幻想として片づけられないことが明らかになってきた。間近に迫る衝突に恐怖する国家が先に襲いかかる可能性は次第に高くなっていった。RYAN作戦は、冷戦の対立がどれほど不安定になっていたかを、最も明確な形で示したものだった。(p.211)

この時期、冷戦のパワーバランスは西側に傾いていたものの、ソ連が恐怖に陥ったせいで核戦争の危機が迫ってた。ゴルジエフスキーがそのことを西側に報告したため、レーガンサッチャーも認識を改めることができている。西側は西側で、冷戦を「平和な西側民主主義に対する共産主義の脅威」という視点で理解していたのだ。この齟齬を正した功績は大きいと言える。

終盤はゴルジエフスキーをモスクワから脱出させる「ピムリコ」作戦にけっこうな頁が割かれている。これがなかなかスリリングで小説みたいなクライマックスだった。

オレーク・ゴルジエフスキーについては、現在のところWikipediaに頁がない。だから本書には資料的な価値もある。

なお、冷戦そのものを復習するのだったら、今年出版されたO・A・ウェスタッド『冷戦』【Amazon】がよくまとまっている。こちらも星5にするかどうか迷ったほどの良書だった。

 

2020年は電子書籍を本格的に導入した年だった。読んだ本のうち100冊近くはKindleの漫画である。コロナ禍による巣ごもり生活に伴い、Fire HD8【Amazon】とEcho Dot【Amazon】を購入し、Amazon帝国にすっかり依存するようになってしまった。漫画も買いまくって200冊ほどクラウドに積んでいる。果たして読み切れるだろうか。

読書とは極めて個人的な行為で、他人と楽しみを分かち合うことなどできないと思っている。だからこのブログは私的な備忘録として書いている。しかしたまに人恋しくなることがあり、魔が差して本項みたいなまとめ記事を書いてしまうのだ。ここで取り上げた本はあくまで自分が面白いと思った本に過ぎない。それが他人にとっても面白いかどうかは未知数だ。それでも自分と似た誰かと楽しみを共有したい。自分の趣味を分かってもらいたい。そんな複雑な思いを抱いている。

なお、今年のアニメで面白かったのは『無能なナナ』【Amazon】と『ご注文はうさぎですか?BLOOM』【Amazon】だった。前者は意外性に満ちた頭脳戦が題材。後者は可愛い女の子による緩やかな日常が題材。どちらも秋アニメのためまだ放送中だが、夢中にさせてくれるアニメであることには間違いない。今年は秋に良作が多かったと思う。

最近はブログにアニメの感想を書いてないが、Twitter@pulp_literature)では1話ごとにメモとしてツイートしている。興味がある人はそちらを参照されたい。

以下、年末特別記事の過去ログ。

 

pulp-literature.hatenablog.com

 

pulp-literature.hatenablog.com

 

pulp-literature.hatenablog.com