海外文学読書録

書評と感想

デヴィッド・エアー『スーサイド・スクワッド』(2016/米)

★★

スーパーマンの死後、メタヒューマン対策としてアメリカ政府は囚人を利用することにした。殺し屋のデッドショット(ウィル・スミス)、元精神科医ハーレイ・クインマーゴット・ロビー)、炎を操るエル・ディアブロ(ジェイ・ヘルナンデス)など、札付きの悪党たちを獄中から駆り出し、スーサイド・スクワッドを結成する。彼らは魔女と戦うのだった。

思ったよりも小さくまとまった映画で、前2作*1に比べると一段落ちることは否めない。スピンオフだから仕方がないのだろう。DCキャラクターの履修目的以外で観る意味はなく、半ば義務的に鑑賞した。本作を観るまでジョーカー(ジャレッド・レト)にハーレイ・クインなんて彼女がいるとは知らなかったので、無理して観た甲斐はあった。

スーサイド・スクワッド(決死部隊)と言っても、デッドショットとエル・ディアブロ以外は並の人間なので、反逆のリスクを背負ってまで結成する意味があったのか疑問だ。そりゃハーレイ・クインも、キラー・クロックアドウェール・アキノエ=アグバエ)も一般人よりは強いんだけどさあ、それでもエリート兵士で代用できるくらいの戦力なんだよね。キャプテン・ブーメラン(ジェイ・コートニー)に至っては数合わせとしか思えない。また、カタナ(福原かれん)はデッドショットに匹敵するレベルの強さだけど、彼女は志願兵らしいので悪党扱いすべきではないだろう。そんなわけで、どうにもこの部隊の結成理由が腑に落ちない。兵士を鍛えたほうがよっぽどマシだと思う。

さらに、連中は悪党のわりにヒャッハーしてなくて、メンバーの中でハーレイ・クインだけがまともな悪党だったのは物足りなかった。デッドショットには娑婆に可愛い娘がいるとか、エル・ディアブロには家族を炎で殺した罪悪感があるとか、幕間に安いヒューマンドラマを入れているのにも白けてしまう。静と動でメリハリをつけたいのは分かるけれど、そんなことをするくらいならもっと爽快にヒャッハーしてほしかった。

ハリウッド映画の勘違い東洋趣味は、当初ネタとして笑いながら受容していた。しかし、最近はアメリカ人の傲慢さを表しているような気がして、素直に楽しめなくなった。お前ら他所の文化を理解する気がないだろう、みたいな。本作の場合、カタナの造形が日本文化の上澄みを掬っているような感じで、グローバル化が進展した現代では浮いて見える。アメリカでは未だにサムライやニンジャがクールなのだろうか? PCにうるさい国でこういうのが問題視されないのが不思議だ。