海外文学読書録

書評と感想

平牧大輔『私に天使が舞い降りた!』(2019)

★★★★

人見知りの大学生・星野みやこ(上田麗奈)には、小学5年生の妹・ひなた(長江里加)がいた。あるとき、ひなたが友達の白崎花(指出毬亜)を家に連れてくる。みやこは花に一目惚れするのだった。さらに、隣家には同じ小学5年生の姫坂乃愛(鬼頭明里)が引っ越してくる。みやこは部屋でコスプレしてポーズをとっているところを乃愛に目撃され……。

原作は椋木ななつの同名漫画【Amazon】。

JD(女子大生)とJS(女子小学生)が交流する様子を楽しむ日常アニメだけど、これはなかなか扱いに困る作品だと思う。なぜかというと、このJDがほとんど男性おたくみたいな造形なのだ。人見知りで、インドア派で、ロリコンの三重苦。そういう陰キャがJSたちとキャッキャウフフする。これは男性を主人公にしたら色々と角が立つから、性別を女性にしたのではないかと勘繰ってしまうほどだ。一応、お菓子作りと洋裁が得意なところはJDらしいものの、家の中で高校時代のジャージを着ているところは男性おたくっぽい。みやこは外出時に着ていく服にも困るほどで、服装に無頓着なところは完全に男性おたくである。これはつまり、本作のみやこは男性おたくの欲望を代行するポジションなのだろう。JDがJSを愛でる。それも複数のJSを愛でる。女性が同じ女性と親密になるのだから見ているほうも背徳感をおぼえる必要はない。可愛い女の子たちが可愛いことをするのを安心して楽しめばいい。そういう言い訳をあらかじめ用意されているようで、最初は違和感がつきまとった。

とはいえ、本作に出てくるJSたちが可愛いことも確かで、一介の視聴者として存分に楽しんだのも事実だ。天真爛漫で姉に懐いているひなた。『ごちうさ』【Amazon】のチノちゃんを連想させる花。「可愛いは正義」をモットーにしている乃愛。画面に映っているのはあくまで記号であり、自分はロリコンなんかでは決してない。背徳感が尾をひきつつも、JDとJSが繰り広げる喜劇を見てにんまりした。

僕が一人前のおたくだったら、「花ちゃん、ブヒイイイイイイ」と鳴きながら画面にしがみついたことだろう。でも、僕はまだそこまで開き直ることができない。代わりにJDのみやこが「ブヒイイイイイイ」と鳴いてくれている。視聴者の欲望を代行してくれている。面白いのは、途中からそんなみやこを相対化するポジションのキャラが出てくるところだ。そいつの名は松本香子。みやこに好意を持っているストーカーだ。みやこは松本に対して薄気味悪さを感じるのだけど、しかし、実のところこの2人は鏡像関係にあり、みやこは鏡で見た自分を気味悪がっている。この辺が視聴者の背徳感を軽減していて良かった。

子供をイノセントな存在として、「天使」と表現するところは、ヴィクトリア朝に女性を「家庭の天使」と表現したのに似ている。どちらもその時代の理想像であり、我々は理想の女を消費しているのだ。また、本作は萌えアニメらしく男性の影がほとんどない。男性を排除することで男性のための理想郷ができあがっている。人によってはこの構図を問題視することだろう。最近はフェミニスト表現規制をしようと躍起になっている。僕は本作が槍玉にあげられないよう祈るのみである。