海外文学読書録

書評と感想

ジュゼッペ・トルナトーレ『鑑定士と顔のない依頼人』(2013/伊)

★★

美術鑑定士のヴァージル・オールドマン(ジェフリー・ラッシュ)は、自身が主催するオークションで、ビリー(ドナルド・サザーランド)と共謀して女性の肖像画を格安で落札していた。ヴァージルは秘密の部屋の全面に女性の肖像画を飾っている。ある日、彼のもとにクレア・イベットソン(シルヴィア・フークス)から鑑定依頼の電話がかかってくる。紆余曲折あってそれを引き受けるも、クレアはヴァージルと顔を合わせようとしなかった。

ヴァージルによると、いかなる贋作の中にも必ず本物が潜むという。では、偽りの愛にも本物が潜むのか? それが本作の問いかけだろう。人間の感情は芸術品みたいに偽造できるけれど、そこには思いもよらない真実の愛が含まれている……。ちょっとロマンティックすぎてついていけないですね。DTの妄想じゃないかと思えてくる。実際、ヴァージルはクレアに会うまでDTを貫いていた。彼は白髪のお爺ちゃんになるまでDTだったのだ。偽造された愛人関係って、たとえば娼婦とのセックスに愛はあるのか? みたいな話と似ている。確かにまあ、あると言えばあるし、ないと言えばないのだろう。こればかりはケース・バイ・ケースのような気がする。ともあれ、ヴァージルはクレアに翻弄されていて、いい歳したお爺ちゃんが女にはまると悲惨だと思った。

ヴァージルが部屋の壁全面に女性の肖像画を飾っているのが圧倒的で、二次元の女に囲まれている様子はアニメおたくに通じるものがある。すなわち、生身の女の代わりに二次元の女を愛しているというわけ。そして、絵画と萌え絵は本質的に同じものなのだ。どちらも鑑賞の対象であり、場合によってはズリネタにもなっている。壁全面に萌え絵が飾ってあると変態に見えるけれど、肖像画の場合は含蓄のあるフェティシズムに見えるのだから不思議だ。用途は同じなのに、低俗と高尚とに線引きされてしまう。それもこれも既存の価値観に染まっているからこその視点なので、我々はもっと疑いの念を持つべきだと思う。

本作の優れているところは映像で、絵画や彫像、オートマタなど、美術品が「絵」になっている。建物や調度品も味わい深く、全体的に重厚なところがいい。邦画でこういう映像はまずお目にかかれないので、これは洋画を観る醍醐味と言えよう。「騙し」のストーリーにはいまいち魅力を感じなかったけれど*1、映像は抜群だったので目の保養にはなった。週末にちょっくら美術館に行って展示品を見てくるかな、という気になる。

*1:エロゲのバッドエンドルートを見てるみたいで……。