海外文学読書録

書評と感想

『ケイゾク』(1999)

ケイゾク DVDコンプリートBOX

ケイゾク DVDコンプリートBOX

 

★★

ケイゾク」と呼ばれる未解決事件を担当する警視庁捜査一課弐係。そこに東大卒のキャリア官僚・柴田純(中谷美紀)が配属される。彼女と元公安の刑事・真山徹(渡部篤郎)が、様々な事件を解決していく。さらに、真山には悲惨な過去があって……。

全11話のテレビドラマ。

これは放送当時、ネットで知り合ったお兄さんに勧められたのだった。当時の僕は学生で、その人は社会人。彼は「中谷美紀が可愛い」と言っていた。20年後、そのお兄さんとはとっくの昔に縁が切れてしまったけれど、たまたまプライム・ビデオで本作を発見したので観ることにした。

シリーズ前半は天然娘の中谷美紀が可愛くて、その造形は翌年に作られた『TRICK』【Amazon】の仲間由紀恵に受け継がれている。いつの時代も、男はああいううぶで無防備な女が好きだと思う。露骨な言い方をすれば、処女っぽい女。しかし、終盤に入って雰囲気がシリアスになるとそういう部分は影を潜め、ヒロインの可愛さは減退していった。実に惜しいことである。

1話完結の事件はミステリとしてはやや強引ながらも、後味がほろ苦く、これはこれで作家性が強いドラマと言える。手術をめぐるジレンマが絡む第2話、母親と子供が離れ離れになる第3話、芸術に対する歪んだ愛情を描いた第7話が印象に残っている。僕がテレビドラマを見慣れていないせいか、45分のフォーマットは冗長に思えたけれど、週一で観るならギリギリ許容できるかもしれない。当時の日本人がどういう娯楽を享受していたのか知れたのは良かった。

真山をめぐる縦軸のエピソードが終盤ではメインになるのだけど、これが荒唐無稽で観るのがきつかった。SWEEPという組織はファンタジーにも程があるし、早乙女管理官を殺して朝倉がそれに成り済ましていたというオチも納得できない。前者はそれこそバレたら日本を揺るがすスキャンダルだし、後者は周囲の人たちが気づくだろうって思う。そもそも、催眠術で人を操るという事件の構図がおかしい*1。全体的にアニメでやるようなことを実写で行っているため、こういう違和感が生じている。

渡部篤郎ぶっきら棒なセリフ回しが良かった。こういう演技をする人はなかなか見ないから新鮮である。また、鈴木紗理奈が重要な役どころを演じていたけれど、バラエティ番組の印象が強いせいか、終始場違いのように見えた。これは現代の映画に劇団ひとりが登場するときの感覚に似ている。俳優は妙なパブリックイメージがつくと損なので、なるべくバラエティ番組には出ないほうがいいと思う。

*1:「操り」はミステリでよく使われるモチーフだけど、この方法は安直としか言いようがない。