海外文学読書録

書評と感想

赤城博昭『からかい上手の高木さん2』(2019)

★★★★

中学1年生の男子・西片(梶裕貴)は、隣の席の女子・高木さん(高橋李依)に毎日からかわれている。西片は高木さんをからかって恥をかかせようと勝負を挑むが、いつも勝てずに返り討ちにされていた。そんななか、2人は2年生に進級してまた同じクラスになる。

原作は山本崇一朗の同名コミック【Amazon】。

からかい上手の高木さん』【Amazon】の続編。

青春の甘酸っぱい思い出が蘇ってくるアニメで、見ていて自分の中学時代を思い出した。と同時に、西片の境遇は男子にとっての理想の中学ライフなので、羨望の思いが湧きあがってくる。だって、隣の席の美少女が毎日ちょっかいをかけてくるんだもの。高木さんはまだ汚れの知らない純朴そうな顔をしながら、巧みに男心を弄んでいる。自分の性的魅力をちらつかせながら、うぶな西片をからかっている。その小悪魔ぶりがたまらなくいい。僕も高木さんみたいな女子にからかわれたい人生だった。

高木さんは明らかに西片に気があるのだけど、西片のほうは自分の恋心に気づいてない。その鈍感ぶりが物語を駆動する要因になっている。高木さんは西片を自分のものにするため、搦め手のようにからかっているのだ。本作は差し詰め、「高木さんは告らせたい~JCの恋愛頭脳戦~」と言ったところだろう。2人の関係は第二次性徴を目前にしたピュアな関係であり、性に目覚める前だからこそ成立している。これが高校生だったらどうしても性的な欲望が入り混じってくるし、自分の恋心に無自覚なんて要素も嫌味になってしまうだろう。そんなわけで、本作には中学生ならではのイノセントな魅力が詰まっている。

この第2期の面白いところは、高木さんが西片に告白させるため、様々な既成事実を積み上げているところだ。授業中はイチャイチャしているし、下校時はいつも2人きりで帰っているし、オフには駄菓子屋でデートまでしている。2人は事実上つき合ってるような状態になっていて、周囲からはカップルだと思われていた。高木さんの恋心に気づいてないのは西片だけである。この第2期では前期よりも高木さんの圧が強くなっており、西片への好意が露骨になっている。高木さんがいかにして西片を絡め取るのか。そういう意味でのスリルが抜群だった。

ロケーションもまた格別で、どうやら小豆島をモデルにしてるらしい。田舎ののんびりとした風景が、2人の純朴な関係によく似合っている。