海外文学読書録

書評と感想

ヴェルナー・ヘルツォーク『グリズリーマン』(2005/米)

★★★

アメリカの環境保護主義者ティモシー・トレッドウェルを題材にしたドキュメンタリー映画トレッドウェルは13年間、アラスカのカトマイ国立公園で野生のグリズリーと交流し、その様子をビデオカメラに収めてきた。彼の残した記録はおよそ100時間。ところが、2003年10月5日、トレッドウェルは恋人と共にグリズリーに食べられてしまう。

環境保護主義者というのは頭のおかしい連中が多くて、日本だとシーシェパードが有名だろう。捕鯨船に体当たりして妨害しているはた迷惑な連中である。本作のトレッドウェルもそういう類ではあるけれど、不思議と彼には狂気を感じない。クマへの信仰心は強いものの、かろうじて正気は保っているように見える。彼には「殺されるわけにはいかない」という強い意識があって、決して自殺を試みているわけではないのだ。クマへの知識は豊富だし、実際13年も生き延びているのだから、その扱い方もよく心得ている。身を守るための武器を携帯してないのは愚かとしか言いようがないけれど、彼は「命が危なくてもクマは殺さない」という信条の持ち主だから、まあ理解できないこともない。危険なことを自己責任でやっている人という感じがする。

トレッドウェルがクマを守ろうと決意した動機がどうしようもない。アルコール依存症だった彼は、クマが危機的状況にあることを知った。そして、クマを救おうと立ち上がることで、アルコールを断つことができた。クマは彼にとって恩人だった。おいおい、これって典型的なメサイア・コンプレックスじゃないか。自尊心の低さを自己有用感で埋め合わせる行為。クマを救うことで、逆に自分が救われているわけだ。環境保護主義者というのは、こういう心の病を抱えた人が多いのかもしれない。

トレッドウェルは100時間に及ぶ膨大な映像を撮ったけれど、今だったら彼はYouTuberになっていただろう。アラスカでクマと暮らすYouTuber。こんな馬鹿なことをするのは世界中で彼くらいだろうから、おそらく人気になったはずだ。僕もチャンネル登録して動画をチェックしたいくらいである。YouTuberとはすなわちコンテンツであり、コンテンツは過激であればあるほど面白い。彼は己の生き死にを衆目に晒しているわけで、危険につきまとう死の予感がオーディエンスを興奮させる。彼は生まれた時代が早すぎたと思う。

トレッドウェルは周囲の人たちから非難轟々である。けれども、こういう無謀なことをやる奴が地球上に一人くらいはいてもいいと思う。巻き込まれた恋人は可哀想だし、後始末した人間は大変だったろうけど。しかし少なくとも、本作みたいなドキュメンタリー映画は作られる。人々に娯楽を提供することはできる。ティモシー・トレッドウェル、彼は上質のコンテンツだった。