海外文学読書録

書評と感想

フレッド・ジンネマン『山河遥かなり』(1948/スイス=米)

山河遥かなり 日本語吹替版 モンゴメリー・クリフト イワン・ヤンドル DDC-035N [DVD]

山河遥かなり 日本語吹替版 モンゴメリー・クリフト イワン・ヤンドル DDC-035N [DVD]

 

★★★

ナチス・ドイツの収容所から解放された少年少女たちが、アメリカ軍の保安部隊によって食料と寝床を与えられる。ある日、チェコユダヤ人ハンナが息子カレルを引き取りにやってくるも、彼女の前に出てきたのは息子の名を騙る別人だった。それと同じ頃、本物のカレルは施設を脱走し、アメリカ軍兵士のスティーブに保護される。

途中からGIと子供の友情物語になるのは意外だった。日本と同様、ドイツでもGIは解放者だったみたい。少なくともそういうイメージで表象されている。周知の通り、戦後の日本では、子供たちが「ギブ・ミー・チョコレート」と言ってGIからお菓子を貰っていた。僕の知り限り、GIと子供の関係は悪くなかった。身も蓋もない言い方をすれば、施しによって懐柔されていた。本作は収容所から解放された子供たちに焦点を当てているため、日本とはだいぶ事情が異なるものの、ドイツでも解放者としてのイメージを作り上げている。この辺の戦略は「へー」って感じだった。

本作を観て驚いたのが、言語の違いを明瞭にしているところだ。大人たちが英語を話すのに対し、子供たちはチェコ語ポーランド語といった外国語を話している。お互いに相手が何を言ってるのか分からない。だから、両者は通訳を介してコミュニケーションを図っている。面白いのは、子供たちの言ってることが観客にもさっぱり分からないところだ。彼らのセリフには字幕がついてない。言葉の通じない他者としてスクリーンに映し出されている。この演出が、GIを警戒する態度と相俟って、相互理解の困難さを浮き彫りにしている。

それにしても、英語がグローバル言語であることをここまで押し出したのはなかなか凄い。スティーブはカレルのことをアメリカ風にジムと名づけ、英語を教えることでつつがなくやりとりしている。英語さえできれば世界中の人たちと交流できる。だから、マイナー言語の民は英語を覚えたほうが得だ。本作はそういうメッセージを発している。正直、これにはぐうの音も出なかった。日本で文科省が英語教育に必死なのも、英語が世界的に強い言語だからだし。覚えないとグローバル社会に置いていかれてしまう。チェコ語ポーランド語、日本語などでは世界に通用しないのだ。本作を観て、マイナー言語の悲しみを味わった。