海外文学読書録

書評と感想

ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン『ノーカントリー』(2007/米)

★★★★

1980年。メキシコとの国境沿い。荒野で狩猟をしていたルウェイン(ジョシュ・ブローリン)が、車と死体が散乱する現場を発見する。そこでは麻薬取引が行われていたようだった。現金の入ったトランクを見つけたルウェインは、それを自宅に持ち帰る。しかし、そのためにシガー(ハビエル・バルデム)という殺し屋に追われるのだった。

原作はコーマック・マッカーシー『血と暴力の国』【Amazon】。

20世紀後半が舞台でも西部劇は成立するようだ。考えてみれば、アメリカは国土が広すぎて隅々まで治安を維持できない。保安官を当てにすることができない。自分の身は自分で守る必要がある。僕も含めリベラル派は銃社会を批判するけれど、こりゃ銃を持ってないと危険だわと思った。たとえるなら、彼らは猛獣がうろうろしているサファリパークに住んでいる。本作を観て、自分がアメリカ人じゃなくて良かったと安堵した。僕だったらすぐに殺されている。

本作のいいところは、追う者も追われる者もとにかく傷を負うところだ。例によって派手にドンパチやらかすのだけど、彼らはちゃんと銃弾を食らって血を流す。傷口は見るからに生々しくて、ダメージを受けているのがきちんと伝わってくる。そして、双方ともしっかり傷の手当てをしているところが好ましい。銃撃戦をやっておいてただで済むわけないので、そういうプロセスを見せるのは重要だと思う。昔の牧歌的な西部劇よりもリアリティがあるし、犯罪映画としても説得力がある。

それにしても、『ランボー』【Amazon】もそうだったけど、ベトナム帰還兵は半端ねえなあと思った。武器の扱いに慣れていることは言わずもがな、殺し屋に追われても平然と対処しているし、大雑把に言ってサバイバル術に長けている。彼だったらアフリカのサバンナに放置しても生き延びることができそうだ。国境付近は文明の果ての果てであり、そこで暮らすには心身ともに戦場で過ごすような準備が必要になる。何かもうあまりにレベルが高すぎて、保安官の出る幕がなかった。そりゃトミー・リー・ジョーンズ演じる老保安官も引退するよ。とてもじゃないが手に負えないもん。

鳴り物入りで登場したカーソン・ウェルズ(ウディ・ハレルソン)が、あっけなく殺されたのには苦笑するしかなかった。あと、もし僕が竹やぶで現金の入ったトランクを拾ったら、発信機が仕込まれてないか中身を確認しようと思ったよ。下手したら殺し屋に追われてしまうから。どこかに落ちてないかなあ、5000兆円入ったトランク……。