海外文学読書録

書評と感想

2018年に読んだ274冊から星5の15冊を紹介

このブログでは原則的に海外文学しか扱ってないが、実は日本文学やノンフィクションも陰でそこそこ読んでおり、それらを読書メーターに登録している。 今回、2018年に読んだすべての本から、最高点(星5)を付けた本をピックアップすることにした。読書の参考にしてもらえれば幸いである。

評価の目安は以下の通り。

  • ★★★★★---超面白い
  • ★★★★---面白い
  • ★★★---普通
  • ★★---厳しい
  • ★---超厳しい

2003年に京都大学で行われた講義録。各作品をあらすじに沿いながら読み解いている。

講義に使われているのは以下の11作。

取り上げている作品は硬派だが、講義の内容は初心者向けで分かりやすい。これから本格的に海外文学を読んでいこうという人にお勧め。特に『アンナ・カレーニナ』の項は、『ナボコフロシア文学講義』【Amazon】と読み比べてみると面白い。評価や着眼点がまったく違うところが参考になる。

アンナ・カレーニナ』は、不倫に走った人妻が最後に汽車に飛び込んで、自殺を遂げる話です。しかも汽車に轢かれると無惨な姿になることは、物語の初めの頃、ヴロンスキーとアンナが最初に出会った場面で、ヴロンスキーが凄惨な轢死体を目撃するという形で書いてあるのです。最初に仕込みがしてある。「汽車で死ぬというのは、こういうことだ」と陰惨な轢死体を見せたうえで、話を最後まで持っていって、同じ状況にヒロインを落とし込む。これはあざといとぼくは思います。
不倫に走った人妻は結局こういう目に遭うというメッセージと、田舎で誠実に働いている農場主はいい妻を貰えて子供は幸せになるというメッセージ。単純過ぎます。しかもこのよく働く農場主は明らかにトルストイ自身を想起させる。(p.122)

これはなかなか鋭い見解だと思う。

暴力の人類史 上

暴力の人類史 上

 

本書の内容は以下の引用の通り。

私が本書で取り組もうとしているのは、家庭内から地域、異なる部族や武装集団同士、さらには国家間にいたるまで、さまざまな規模における暴力の減少という問題である。もしそれぞれの規模における暴力の変遷の歴史が、独自の軌跡を描いているのであれば、別々の本を書かなければならなかったところだ。しかし私をくり返し驚かせたのは、あらゆる規模の暴力における世界的な傾向が、今日の視点から見て下降しているということだった。(上 p.14)

上下巻合わせて1300頁近くある大著で、上巻は主に歴史学の見地から、下巻は社会学脳科学・心理学の見地から、人類史における暴力の減少を論じている。ビル・ゲイツがオールタイム・ベストに挙げた本だけあって、その面白さは折り紙つき。幅広い学問領域を横断しているため、知的好奇心が刺激される。

それでも、日本人は「戦争」を選んだ (新潮文庫)

それでも、日本人は「戦争」を選んだ (新潮文庫)

 

つまるところ時々の戦争は、国際関係、地域秩序、当該国家や社会に対していかなる影響を及ぼしたのか、また時々の戦争の前と後でいかなる変化が起きたのか、本書のテーマはここにあります。(p.8)

中高生に向けた講義録。昨年読んだ『戦争まで 歴史を決めた交渉と日本の失敗』【Amazon】には蒙を啓かれたが、その前著にあたる本書も負けず劣らずの良書だった。本書の柱は、日清戦争日露戦争第一次世界大戦満州事変と日中戦争、太平洋戦争の5項目。日本がどのようにして戦争に突入していったのかを分かりやすく解説している。教科書では教えてくれない、日本の近現代史の細部を知りたい人にお勧め。

愉楽

愉楽

 

片端文学の金字塔。観光客を呼ぶためにロシアからレーニンの遺体を買おうという着想と、その資金稼ぎに身体障害者の人間離れした絶技を見世物にするという展開が面白い。しかもそれだけではなく、本作は障害者の受難を通して中国の負の歴史をなぞっている。狂騒的でありながらも、きっちり社会派要素が入っているところがポイント高い。著者の閻連科は、現役の中国人作家の中では莫言に次ぐ実力者だと思う。

pulp-literature.hatenablog.com

フーコーの振り子〈上〉 (文春文庫)

フーコーの振り子〈上〉 (文春文庫)

 

テンプル騎士団にまつわる陰謀論を中心に、ヨーロッパ文化の知識・教養がたっぷり詰め込まれた知的で衒学的な小説。プロットは一言で要約できるくらいシンプルであるものの、その周りを取り巻く過剰な薀蓄の嵐が凄まじい。読むのにかなり苦労するが、それに見合うだけの面白さは確実にある。こういう小説を書ける人はなかなかいないので貴重だ。

pulp-literature.hatenablog.com

荒木飛呂彦の漫画術 (集英社新書)

荒木飛呂彦の漫画術 (集英社新書)

 

「人がなぜ行動するのか」を描くのは非常に重要で、ここが曖昧だと、読者は主人公に感情移入できないのです。たとえば、『ドラゴンボール』の「悟空」の動機は「どんどん強くなりたい」という、シンプルかつ男の子なら誰もが思う非常にわかりやすいもので、この「強くなりたい」という動機を、「なんのために強くなりたいのか?」「強くなって何をしたいのか?」という形で深めていきます。だからこそ読者は主人公と共に一喜一憂できるわけです。(p.59)

ジョジョの奇妙な冒険』【Amazon】の荒木飛呂彦が、漫画の描き方について惜しみなく手の内を明かしている。本書では漫画の「基本四大構造」に、キャラクター、ストーリー、世界観、テーマの4つ(重要な順)を挙げ、それぞれを細かく解説していく。あの独特の漫画はどのようにして作られているのか? こういうのは企業秘密を知る楽しみがあるので、漫画に興味がある人は読むべきである。

定本 映画術 ヒッチコック・トリュフォー

定本 映画術 ヒッチコック・トリュフォー

 

わたしにとっては、ミステリーがサスペンスであることはめったにない。たとえば、謎解きにはサスペンスなどまったくない。一種の知的パズル・ゲームにすぎない。謎解きはある種の好奇心を強く誘発するが、そこにはエモーションが欠けている。しかるに、エモーションこそサスペンスの基本的な要素だ。(p.60)

映画監督のフランソワ・トリュフォーが、サスペンス映画の巨匠アルフレッド・ヒッチコックに50時間に及ぶインタビューを敢行している。ヒッチコックの各作品を詳細に振り返る内容で読み応えは抜群。制作事情や発想がぶっちゃけて語られているので、これからヒッチコック映画を観ようという人は手元に置いておくといいだろう。また、監督がどのような考えで映画を作っているのか知りたい人にもお勧めである。

本書を読んで分かるのは、ヒッチコックが優れた心理学者だということだ。彼は観客の心の動きを的確に洞察し、見ている者の精神状態を巧みにコントロールしている。サスペンスとは何か、エンターテイメントとは何か。本書はあの荒木飛呂彦も座右の書にしているくらいなので、表現者を目指す人は是非読んでほしい。

快楽としての読書 海外篇 (ちくま文庫)

快楽としての読書 海外篇 (ちくま文庫)

 

作家の丸谷才一が40年間に発表した書評114本を収録している。対象は海外の人文書。ガルシア=マルケスミラン・クンデラといった現代文学だけではなく、スエトニウスやクセノポンといった古典までカバーしている。

本書のすごいところは、深い教養に裏打ちされた批評の鋭さだろう。
たとえば、マリオ・バルガス=リョサ『緑の家』【Amazon】の項では、複雑なあらすじを解きほぐした後、次のように書いている。

まだまだ脇筋はたくさんある。数多くの筋がいろいろともつれ、からみあひ、どれが主な筋なのか、誰が主人公で誰が女主人公なのかわからぬまま、滔々と流れてゆくのがこの土俗的な叙事詩、前衛的な神話、壁画的な長篇小説なのである。さういふ奇妙な構造は、いつそ、ある小説の端役が別の作品では主役になる、そのバルザックの人物再出法による小説叢書、「人間喜劇」を、しかし、何十巻もの分量を費してではなく、一巻のなかに封じこめてゐる趣だと評するのがいちばん正しいかもしれない。これは二十世紀ペルーの「人間喜劇」なのだ。(pp.421-422)

ここで人間喜劇を引き合いに出すとは慧眼と言うほかない。書評で重要なのは、内容の紹介だったり、文章の面白さだったり、批評の確かさだったりするけれど、本書はそれらを高いレベルで達成している。読書ブログを書いている人は必読だろう。 

快楽としてのミステリー (ちくま文庫)

快楽としてのミステリー (ちくま文庫)

 

丸谷才一古今東西の文学に通じているうえ、ミステリ小説についても造詣が深かった。本書は向井敏瀬戸川猛資を交えた鼎談から始まり、60年代にEQMMに掲載されたエッセイや、個別の書評・評論が収録されている。

本書も深い教養に裏打ちされた批評眼が魅力である。特にパトリック・クェンティンの作風を分析した「ダブル・ベッドで読む本」、トム・リプリーヒトラーの戯画と喝破した「ヨーロッパへゆく」が白眉だった。丸谷才一は今時のミステリ評論家みたいな専門バカじゃないところがいい。本書を読むと、ミステリ小説も文学の一形態であり、三島由紀夫がポー以外の同ジャンルを斬り捨てたのは間違いだったことが分かる。ミステリ小説は大人の童話なのだ。 

イン・ザ・ミドル ナンシー・アトウェルの教室

イン・ザ・ミドル ナンシー・アトウェルの教室

 

義務教育くらいの年齢を対象にしたライティング・ワークショップとリーディング・ワークショップについての本。子供の読み書き能力をどのようにして伸ばすかを具体的かつ実践的に示している。著者は引退した元教師で、長年の試行錯誤の末に本書のような方法論を確立したようだ。

個人的には、自分の能力を高めることには興味があっても、他人を教育することにはまるで興味がないのだけど、本書はそんな自分にも役立つ知見がちらほらあって参考になる。たとえば、より多くのスキーマを蓄積するためにより多くのジャンルを読むことを提唱したくだりは自分の胸に突き刺さった。最近は狭いジャンルしか読んでないなと思っていたので。

書き手としては、読者を話の中に引き込む方法、よく伝わる文章を書く方法を説いている。そして読み手としては、思慮深く情熱的な読み手として文学を語り、お気に入りについてはその魅力を主張し、喜び、分析し、批判し、比較する方法を説いている。本書は教育者はもちろんのこと、良き書き手・良き読み手になりたい人にお勧めだ。実践的な本なので役に立つ。

八本脚の蝶

八本脚の蝶

 

私は強引に何かをされることは嫌いだが、何かをよろこぶように有無を言わさず変えられてしまうことがとても好きだ。
前者は関係を変えずに行為をいびつに割り込ませるが、後者は行為が自然に生まれるように関係を変える。
文脈を作ることのできる者と、できない者。
私はいつも、誰かが作る物語の中で翻弄されるコマでありたいだけなのだった。
文脈を作る力を身に付けなくては。
読まれ手でも、読み手でもなく、語り手になること。(p.37)

2003年4月に飛び降り自殺した女性編集者のWeb日記(享年26歳)。事情があって3回目の再読をした。やはりこれは傑作である。

自殺した人間の心理を知るというよりは、著者が織りなすその世界観、さらには高い美意識を味わうような本だ。幻想文学と哲学に耽溺した著者は、今までに生きてきた日数以上の本を読んでいたという。これはただの本好きと呼ぶには半端じゃない量で、1日1冊で計算しても、20代半ばで1万冊近くに達している。確かに日記を読む限りでは、短いペースでたくさんの本に触れていることが窺えるし、また引用も充実していて、相当な蓄積があるのだろうと思わせる。

本書については来年詳しく書くので、そのときにまた。とりあえず今言えることは、本書はブックガイドとしても使えるということだ。知らない本の名前がたくさん出てくるし、前述の通り引用も豊富である。読書好きは刺激を受けるだろう。 

金閣寺 (新潮文庫)

金閣寺 (新潮文庫)

 

片端文学の金字塔。吃りの青年が金閣寺に放火するまでの顛末を描く。

文体と構成が素晴らしく、心象のなかの金閣寺に美を見出した青年が、いかにしてその破壊に手を染めるのかを筋道立てて追っている。同窓の鶴川や内翻足の柏木など、脇役が機能的でまるでキャラクター小説みたいだったけれど、それを補って余りあるほどの緊密な文体が話に説得力を持たせている。猫を斬る公案が伏線になっているところがいいし、老師との葛藤を経て「燃やす」と決意する場面も最高に胸熱。世界を変貌させるのは認識か、それとも行為か? という問いの立て方も深みがあった。

原因を推論する -- 政治分析方法論のすゝめ

原因を推論する -- 政治分析方法論のすゝめ

 

本書は政治学の因果推論の方法を説くことを目的にしているが、その手法は社会科学全般に適用できるもので、文系・理系問わず学生は必読である。「まじめに科学的に検討される仮説は、反証可能性を持っていなければならない」というカール・ポパーの理論を土台にしており、社会学も実は科学の一種なのだということが分かる(この伝でいくとフロイト疑似科学になる)。新聞社の世論調査や識者の社会分析など、一見するともっとらしい論説も、よく検討すると因果関係に間違いがあったりする。一般読者としては、日々のニュースを咀嚼するのに役立つだろう。 

蛙鳴(あめい)

蛙鳴(あめい)

 

一人っ子政策を題材にした小説。半世紀に及ぶ歴史を射程に収めつつ、中国農村部のディープな人間模様が味わえる。計画出産を厳格に遂行すべく、規定外の妊娠を咎めては堕胎させようとする体制側。それに対して子供が欲しい妊婦側は、何とか出産しようと命がけで足掻く。このドタバタ劇はなかなか壮絶である。人口問題という大義をとるか、それとも自由という大義をとるか。一筋縄ではいかない問題を描いている。

pulp-literature.hatenablog.com 

地球星人

地球星人

 

我々は大人になったら働いて、結婚して、子供を産む。人間工場の部品になる。それが当たり前の生活だと教わったけれど、その当たり前を疑うのが本作。「常識」に従って動いているこの世界が実はディストピアであり、その世界をまったく疑ってない「地球星人」に憧れ、彼らに洗脳されたいと願う女性が主人公だ。彼女もまたぶっ飛んでいて、グロテスクな世界にグロテスクな人物をぶつけているような無謀さがいい。終盤は狂気を極めていて、「クレイジー沙耶香」の本領発揮である。『コンビニ人間』【Amazon】同様、この世界に生きづらさを感じている人は必読だろう。

 

2018年は新刊小説を多く読んだ年だった。個人的にこの傾向はよろしくないと思っているので、来年は旧作の落ち穂拾い、さらには古典の割合も増やそうと思う。

なお、Twitter@pulp_literature)ではブログの更新情報をツイートしている。アニメの感想も書いているので、興味がある人はフォローしておくと便利だろう。

アニメで思い出したが、今年放送されたアニメで一番良かったのが『宇宙よりも遠い場所』【Amazon】である。女子高生が南極へ行くという筋だけど、そこから想像されるような安易な空気アニメではなく、上質な青春ものだった。今まで見たアニメのなかで10本の指に入るかもしれない。年末年始、家族で見ることをお勧めする。

 

以下、年末特別記事の過去ログ。

pulp-literature.hatenablog.com