海外文学読書録

書評と感想

★★★★★

ジョン・フォード『荒野の決闘』(1946/米)

荒野の決闘(字幕版) ヘンリー・フォンダ Amazon ★★★★★ 1882年。弟たちとカリフォルニアまで牛追いをしていたワイアット・アープ(ヘンリー・フォンダ)は、髭を剃りにトゥームストンの町に寄る。町から外に戻ると、牛が盗まれた挙げ句、末っ子が何者かに殺…

ジョエル・サーノウ『ナッシング・バッド』(2014/米)

ナッシング・バッド(字幕版) クリストファー・メローニ Amazon ★★★★★ バツイチの中年アル(クリストファー・メローニ)は、相棒のアッシュ(ディーン・ノリス)と中古車販売店を経営していた。アルには前妻バーバラ(ブリジット・モイナハン)との間にフレ…

ジャン・ルノワール『ゲームの規則』(1939/仏)

ゲームの規則 ジャン・ルノワール監督 Blu-ray マルセル・ダリオ Amazon ★★★★★ 飛行士のアンドレ(ローラン・トゥータン)は、ラ・シェネイ侯爵(マルセル・ダリオ)の妻クリスチーヌ(ノラ・グレゴール)のことを愛していた。一方、侯爵は妻のことを愛しつ…

イサベル・アジェンデ『エバ・ルーナのお話』(1990)

エバ・ルーナのお話 (文学の冒険シリーズ) 作者:イサベル アジェンデ 国書刊行会 Amazon ★★★★★ 短編集。「二つの言葉」、「悪い娘」、「クラリーサ」、「ヒキガエルの口」、「トマス・バルガスの黄金」、「心に触れる音楽」、「恋人への贈り物」、「トスカ」…

佐藤順一、座古明史『HUGっと!プリキュア』(2018-2019)

HUGっと!プリキュア vol.1【Blu-ray】 引坂理絵 Amazon ★★★★★ ラヴェニール学園に転校してきた中学2年生・野乃はな(引坂理絵)が、空から降ってきた赤ん坊はぐたん(多田このみ)と、ハムスターのような生き物ハリハム・ハリー(野田順子)と出会う。2人は…

山田尚子『リズと青い鳥』(2018/日)

リズと青い鳥[Blu-ray] 種﨑敦美 Amazon ★★★★★ 北宇治高校吹奏楽部。オーボエの鎧塚みぞれ(種﨑敦美)とフルートの傘木希美(東山奈央)は親友同士で、3年生の2人は高校最後のコンクールを控えていた。課題曲は『リズと青い鳥』という出会いと別れの物語を…

マリオ・バルガス=リョサ『悪い娘の悪戯』(2006)

悪い娘の悪戯 作者:マリオ・バルガス=リョサ 作品社 Amazon ★★★★★ 1950年。ペルーのリマで暮らす少年リカルド・ソモクルシオは、チリから引っ越してきたリリーとルーシーの姉妹と知り合いになる。リリーと事実上の恋人関係になったリカルドだったが、ある出…

大西巨人『神聖喜劇』(1978-1980)

神聖喜劇〈第1巻〉 (光文社文庫) 作者:大西 巨人 光文社 Amazon ★★★★★ 1942年。新聞記者の東堂太郎が補充兵として対馬に招集される。彼は超人的な記憶力と持ち前の論理によって、軍隊内の様々な不条理に抵抗する。東堂は学生時代に社会主義活動の疑いをかけ…

アレクサンドル・デュマ『モンテ・クリスト伯』(1844-1846)

モンテ・クリスト伯 7冊美装ケースセット (岩波文庫) 作者:アレクサンドル デュマ 発売日: 2007/12/18 メディア: 文庫 ★★★★★ 1815年。マルセイユの船乗りエドモン・ダンテスは、会計士のダングラールと恋敵のフェルナンに妬まれ、彼らの謀略で婚約披露の席上…

莫言『蛙鳴』(2009)

蛙鳴(あめい) 作者:莫 言 発売日: 2011/05/01 メディア: ハードカバー ★★★★★ 2002年。高密県東北郷。劇作家のオタマジャクシこと万足が、日本の作家に手紙を書く。彼は伯母を題材に演劇を書こうとしていた。万足の伯母は若い頃から産婦人科医として村の赤ん…

ウンベルト・エーコ『フーコーの振り子』(1988)

フーコーの振り子 上 (文春文庫) 作者:ウンベルト エーコ 文藝春秋 Amazon ★★★★★ 学生運動に沸くミラノ。大学生のカゾボンはテンプル騎士団をテーマにした卒論を書いていた。その彼がガラモン出版の編集者ベルボとその同僚ディオタッレーヴィと出会い、会社…

閻連科『愉楽』(2004)

愉楽 作者:閻 連科 発売日: 2014/09/26 メディア: 単行本 ★★★★★ 住人の大半が身体障害者の受活村。そこを管轄する双槐県では、観光客を呼び込むためにロシアからレーニンの遺体を購入し、魂魄山に安置する計画を立てた。県長は受活村の障害者たちの特殊能力…

陳浩基『13・67』(2014)

13・67 上 (文春文庫) 作者:陳 浩基 発売日: 2020/09/02 メディア: Kindle版 ★★★★★ 連作短編集。「黒と白のあいだの真実」、「任侠のジレンマ」、「クワンのいちばん長い日」、「テミスの天秤」、「借りた場所に」、「借りた時間に」の6編。 ――覚えておけ! …

イサベル・アジェンデ『精霊たちの家』(1982)

精霊たちの家 上 (河出文庫) 作者:アジェンデ,イサベル 発売日: 2017/07/06 メディア: 文庫 ★★★★★ デル・バージェ家の末娘クラーラは、念力や予知能力といった超能力を持っていた。彼女は家族の死を予言し、その結果、姉のローサが毒を飲んで死んでしまう。…

『平家物語』(1240?)

平家物語 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集 全30巻) 作者:古川日出男(翻訳) 河出書房新社 Amazon ★★★★★ 治承元年(1177年)。平清盛は権力を笠に着て横暴な振る舞いをしていた。朝廷では平氏が高位の官職を占めており、「平家にあらずんば人にあらず」という…

エミリオ・ルッス『戦場の一年』(1938)

戦場の一年 (白水uブックス―海外小説の誘惑) 作者:エミリオ ルッス 発売日: 2004/07/01 メディア: 単行本 ★★★★★ 第一次世界大戦。イタリア軍の中尉である「わたし」は、無能な将軍の指揮のもと、オーストリアとの国境付近で塹壕戦を繰り返していた。迫撃砲と…

老舎『駱駝祥子』(1936)

駱駝祥子―らくだのシアンツ (岩波文庫) 作者:老 舎 岩波書店 Amazon ★★★★★ 若くして両親を亡くした祥子は、北京に出てきて車夫になる。懸命に働いて遂に自分の車を手に入れるも、精華へ客を乗せていく途中で兵隊に徴発されてしまう。部隊は戦闘に敗北し、祥…

チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ『アメリカーナ』(2013)

アメリカーナ 上 (河出文庫) 作者:アディーチェ,チママンダ・ンゴズィ 発売日: 2019/12/06 メディア: 文庫 ★★★★★ イボ人のイフェメルはナイジェリアからアメリカに渡って13年が経っていた。帰郷する予定の彼女はヘアサロンで髪を結ってもらい、その最中に過…

コラム・マッキャン『世界を回せ』(2009)

世界を回せ 上 作者:コラム・マッキャン 発売日: 2013/06/11 メディア: 単行本 ★★★★★ 1970年代。ダブリンで生まれ育った「僕」は、修道士としてニューヨークに渡った弟コリガンを追うように渡米する。コリガンは売春婦への慈善活動と介護施設で老人介護をし…

エドワード・P・ジョーンズ『地図になかった世界』(2003)

地図になかった世界 (エクス・リブリス) 作者:エドワード P ジョーンズ 発売日: 2011/12/21 メディア: 単行本 ★★★★★ 19世紀のヴァージニア州マンチェスター郡。黒人農場主のヘンリー・タウンゼントが31歳で急死する。彼は両親ともども白人農場主の元奴隷で、…

ミヒャエル・エンデ『はてしない物語』(1979)

はてしない物語 (エンデの傑作ファンタジー) 作者:ミヒャエル・エンデ 岩波書店 Amazon ★★★★★ (1) いじめられっ子のバスチアンが、古本屋から1冊の本を盗み出す。それは『はてしない物語』という本だった。(2) はてしない物語。ファンタージエン国では国中に…

チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ『半分のぼった黄色い太陽』(2006)

半分のぼった黄色い太陽 作者:チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ 発売日: 2018/02/02 メディア: Kindle版 ★★★★★ 1960年代のナイジェリア。(1) イボ人の少年ウグウが、同じイボ人の大学講師オデニボのハウスキーパーになる。(2) 裕福なイボ人のオランナが、…

マルグリット・ユルスナール『ハドリアヌス帝の回想』(1951)

ハドリアヌス帝の回想 作者:マルグリット・ユルスナール 発売日: 2008/12/16 メディア: 単行本 ★★★★★ 臨終間際のローマ皇帝ハドリアヌスが、後継者のマルクス・アウレリウスに宛てた回想録。帝国全土の旅、愛人アンティノウスの死、ユダヤ人政策の失敗、後継…