海外文学読書録

書評と感想

マーティン・エイミス『時の矢』(1991)

時の矢―あるいは罪の性質

時の矢―あるいは罪の性質

 

★★★

アメリカ。「私」ことトード・フレンドリーは医師に囲まれ蘇生処置を受けている。ここから「私」は時間を逆回しにしてトードの人生を語っていく。彼は一見すると腕の良い普通の外科医だったが、実は何度も名前を変えていて……。

クレディターは興味を示したようだった。「それは私たちの利点になるでしょう」

「私の第一言語ですから」

「そうそう、その通り、覚えていますよ。あなたは訛りのない言葉を話しますね」

ふたりの男は立ち上がり、握手した。ジョンは言った。

「ほんとうのことを言いましょう。昨日のほうがよかったですね」

「今日は調子はいかがです、ドクター?」

「こんにちは、牧師さま」

「やあ、ドクター」(102)

木原善彦『実験する小説たち』【Amazon】で紹介されていたので読んだ。

冒頭に終幕的場面を置いてそこから回想していく小説というのは巷に溢れているけれど、本作みたいに徹底して逆回しに時間を遡っていく小説は初めて読んだかもしれない。トード・フレンドリーはただの好色の爺さんかと思ったら、実はアウシュビッツにまで繋がる業の深い人物で、戦後生まれの作家がナチスの犯罪を文学の題材にするためには、ここまで面倒な語りの様式をとらないといけないのか、と驚いたのだった。語り手の「私」と主人公は同一人物なのになぜか視点は解離していたり、上の引用文のように会話の場面では逆から読まないと意味が通らないようになっていたり、逆語りならではの挑戦的な趣向が目を惹く。これが面白いのか面白くないのかは措くとして、本作は教養として一度は目を通しておいても良いのではないかと思う。小説には様々な手法があり、幅広い可能性がある。そんなことをふと考えさせる作品だった。

ところで、本作を読んでいたら途中で以下のような文に突き当たった。

こういうお節介やきや石部金吉はたくさんだ!(185)

「石部金吉」とは何ぞや? と思ってぐぐってみたら、goo国語辞書の該当ページにはこう書かれていた。

《石と金の二つの硬いものを並べて人名のようにした語》非常にきまじめで物堅い人。特に、女色 (じょしょく) に迷わされない人。また、融通のきかない人物。

「いしべきんきち」と読むらしい。例文には織田作之助「世相」と宮本百合子「若い婦人の著書二つ」が使われている。全然聞いたことのない言葉だったので勉強になった。昔の翻訳家はこんな古い言葉をよく知っているなあと感心する。