読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミシェル・ウエルベック『ある島の可能性』(2005)

★★★

(1) コメディアンのダニエルは世相を皮肉ったショーで一世を風靡し、さらには映画監督としても成功する。金持ちになった彼は貪欲にセックスを求めるのだった。(2) 異常気象によって人類の大半が死滅した未来。ネオ・ヒューマンのダニエルが、自分の遺伝的先祖であるダニエルの人生記に注釈をつける。

<人生記>について、具体的なきまりはない。人生のどの時点から書きはじめてもよい。たとえば絵画を観賞するときに、どこから見はじめてもいいのと同じだ。重要なのは、徐々に全体が見えてくることだ。

素粒子』【Amazon】の系譜に連なるSF要素を取り入れた長編。作風としては、まだ一皮むける前といった感じだろうか。ただ、『地図と領土』に出てくる芸術家、『服従』に出てくるイスラム問題といった、後の作品で重要になる要素は本作のなかにも散りばめられている。また、本作にはエロヒム教会という新興宗教が大きく取り上げられているが、これは『ランサローテ島』に出てきたラエリアン・ムーブメントをモデルにしているので、同書を先に読んでいると理解が楽になるかもしれない。

この小説では老いによって性的魅力も性的能力も減退し、若い娘たちと弾けることができなくなる悲しみが描かれているけど、日本人の読者としてはこの辺の機微がいまいちピンとこなかった。というのも、日本だと若い娘とキャッキャウフフしたければキャバクラに行けばいいし、それ以上のサービス――すなわちセックスをしたければソープランドに行けばいいから。金さえあれば質の高い性的サービスは買えるのである。問題は「愛」だけれども、こればっかりは時間をかけて築き上げるしかないので、この部分の喪失感はとてもよく理解できる(それにしても、自殺することはないだろう)。ともあれ、セックスの問題に関しては、風俗産業の乏しい欧米社会ならではの問題という感じがした。

あと気になったのは、ダニエルに趣味らしい趣味がなかったことだ。娯楽に溢れた日本では、スポーツからアニメまで、いくらでも趣味に没頭して気を紛らわせることができるけど、ヨーロッパには何もないから愛とセックスに明け暮れるしかない。そして、そういった空虚な生活を送っているから怪しげな新興宗教にはまってしまう。これを読んで、実はオタクって人生の勝ち組じゃないかと思った。愛とセックスから遠く離れていても、彼らは人生が充実している(ように見える)からね。ダニエルもせっかく金を持ってるんだから、すべてを使い切る勢いでやりたい放題やればいいのに、と思った。