読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アンソニー・ドーア『すべての見えない光』(2014)

アンソニー・ドーア ★★★☆☆
すべての見えない光 (新潮クレスト・ブックス)

すべての見えない光 (新潮クレスト・ブックス)

 

★★★

(1) ナチス時代のドイツ。孤児の少年ヴェルナーが、才能を認められて国家政治教育学校に入学する。そこでは士官候補生たちが異様な生活を送っていた。(2) 同じ時代のフランス。盲目の少女マリー=ロールが、父に連れられてサン・マロへ疎開する。博物館員の父は、伝説のダイヤモンド<炎の海>の守秘にあたっていた。

ヴェルナーには、これまでになにが起きていようと、これからなにが起きようと、そのあいだの空間には目に見えない境界地帯が漂っていて、その片側にはもう知っているもの、反対側にはまだ知らないものがあるように思える。自分のうしろにある町にいるかもしれないし、いないかもしれない少女のことを考える。彼女が溝に沿って杖を走らせる姿を思い浮かべる。見ることのできない目、乱れた髪、輝く顔で、世界に立ち向かっている。(431)

ピュリッツァー賞受賞作。

新潮クレスト・ブックスらしい「美しい物語」だった。人間はどれだけに野蛮になれるか、そしてどれだけ善人になれるかの標本箱みたいというか。士官候補生の学校では教官主導のいじめが横行しており、弱い者を排除するという野蛮な教育が行われていた。その一方、ドイツ兵になったヴェルナーはとても善人で、本来だったら心を許していけないフランス人、すなわち盲目の少女マリー=ロールを助けることになる。その前に無線機を通じての「繋がり」が非常にロマンチックで、このシチュエーションを思いついた時点でアンソニー・ドーアは勝利を確信したと思う。

本作は断章形式で書かれているので、息継ぎがしやすくとても読みやすい。内容も「美しい物語」、かつほどほどにサスペンフルなので、海外文学初心者にお勧めである。ただ、新潮クレスト・ブックスのヘビーな読者はこういう小説を読み飽きているだろうから、その種の人たちはワンランク上の小説を読んだほうがいいかな。本作は良くも悪くもクレスト・ブックスらしい小説だった。