海外文学読書録

書評と感想

ヒラリー・マンテル『ウルフ・ホール』(2009)

ウルフ・ホール (上)

ウルフ・ホール (上)

 

★★★

16世紀。イングランドヘンリー8世は王妃と離婚したがっていた。下層階級出身のトマス・クロムウェルは、出世してウルジー枢機卿に仕えるも、枢機卿は王の離婚問題で下手を打って失脚してしまう。その後、クロムウェルは王の側近になるのだった。

人は独創的であることでは成功しない。聡明であることでは成功しない。強いことでは成功しない。狡猾な詐欺師であることで成功するのだ。(上99)

ブッカー賞・全米批評家協会賞受賞作。

『ハドリアヌス帝の回想』『この私、クラウディウス』のような格調の高さには欠けるものの、そのぶん平易な言葉遣いで訳されていてとても読みやすかった。トマス・クロムウェルという日本人には馴染みの薄い人物が主人公なのに、時代の空気感に惹かれてついページをめくってしまう。しかも、『ユートピア』【Amazon】を書いたトマス・モアが当時の花形的存在として登場して、2人の人生が密接に関わるところには感動さえしてしまった。トマス・モアがこんな非業な最後を遂げていたとは知らなかったよ。

本作はこれまで悪玉として描かれがちだったトマス・クロムウェルに違った光を当てたところが評価されているようだけど、個人的にはあまりそういう部分に興味がなく、どちらかというと作品世界を支配するキリスト教の存在に考えさせられるものがあった。

というのも、本作の舞台って現代人から見たらディストピアそのものなんだよね。ローマ教皇の許可がないと離婚できないというのが物語の大きな柱になっていて、それを改革して国王に宗教的権力を持たせたのがトマス・クロムウェルの果たした役割。その過程でキリスト教の異端者が焚刑に処されたり、宗教改革に反対した人物が処刑されたり、キリスト教という虚構を巡って多数の死者が出ている。これがもう異常極まりなくて、「宗教なんかなければいいのに」と心のなかで何度も唱えてしまった。人間とは何てくだらないルールに縛られているのだろう。

とりあえず、本作は日本人が読んで欧米人と同じ感覚で面白がれるかは疑問かな。西洋の文化的コンテキストを身体レベルで共有していないと駄目なような気がする。正直、これがなぜブッカー賞を受賞したのかよく分からなかった。