海外文学読書録

書評と感想

コーマック・マッカーシー『悪の法則』(2013)

悪の法則

悪の法則

 

★★★

麻薬取引をしようとしていた弁護士だったが、予期せぬ不運から計画が頓挫し、それを彼のせいにされて組織から命を狙われることになる。

ウェストレイ イエスがなんでメキシコで生まれなかったか知ってるかい。

弁護士 いや、なぜだ。

ウェストレイ 三人の賢者も処女もいないからさ。(61)

映画脚本。

ト書きと会話文しかないので、マッカーシー特有の神話的で乾いた文体は封じられていたものの、凄惨な暴力の向こう側に信仰や女を配置するところや、ちょっと不穏さを滲ませる会話などがマッカーシーらしくて面白かった。映画脚本になっても、アメリカ南部とメキシコの危険さがひしひしと伝わってくる。

本作を読んで、我々はなぜ犯罪小説を読んだり、犯罪映画を観たりするのだろう? という疑問を呼び起こされた。無事に計画が成功して大団円という犯罪ものもなかにはあるけれど、だいたいは失敗して身の破滅を招くような筋書きが多いと思う。特にマッカーシーの場合は過度な暴力が出てくるから、読んでいる側のダメージは大きい。にもかかわらず、怖いもの見たさからか、ついつい手にとって読んでしまう。人間とは何て不思議な生き物なのだろう。

ところで、ボリードの針金の環を使った暗殺って実際にあるのだろうか。本作によると、この環を相手の首に引っ掛けて引き締めると、相手は頸動脈から血を吹き出し、首がもげて絶命する。マッカーシーはどこでこの殺害方法を仕入れたのか気になった。