読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピエール・ルメートル『その女アレックス』(2011)

その女アレックス (文春文庫)

その女アレックス (文春文庫)

 

★★★★

看護師のアレックスが大男に誘拐され監禁される。彼の動機は不明だった。アレックスは隙を見て脱出を試みる。一方、カミーユ・ヴェルーヴェン警部が捜査に乗り出すと、間もなく意外な事実が明らかになった。

「まあ、真実、真実と言ったところで……これが真実だとかそうでないとか、いったい誰が明言できるものやら! われわれにとって大事なのは、警部、真実ではなく正義ですよ。そうでしょう?」(449)

同じ作者の『天国でまた会おう』がつまらなかったのであまり乗り気ではなかったのだけど、世間での評判が良かったので読んでみたら確かに面白かった。

物語は三部構成で、アレックスという女を巡ってそれぞれ違った肖像が現れる。はじめは誘拐ものかと思って読んでいると、その次はシリアルキラーものになっているし、なかなか一筋縄ではいかない。本作は人間の謎が中心になっていて、アレックスは何者か? という興味でぐいぐい読ませる。さらに、部ごとに違った味わいがあって、そこも読みどころのひとつになっている。

探偵小説はたいてい秩序の回復を目的にしているけど、本作において警察は無力だ(少なくとも途中までは)。彼らはアレックスを助けることはできないし、殺人を止めることもできない。それでも本作を読んで溜飲が下がるのは、ラストで正義が果たされるからだろう。真実ではなく正義。こういう捻った構成の小説は久しぶりに読んだような気がする。